宮城のニュース

新型コロナ 仙台で7人感染(3日)

 仙台市は3日、10歳未満〜60代の男女7人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1人は無症状で6人も重篤ではない。感染経路不明は3人。宮城県内の確認は39日連続で計425人、市内は計271人。
 市によると、40代と60代の男性公務員2人はそれぞれ若林区総務課、同区まちづくり推進課の職員。(18面に関連記事)
 総務課の職員は9月25日に発熱などがあり、29日に感染性胃腸炎と診断された。23〜25日と28日〜10月2日に出勤。まちづくり推進課の職員は無症状で1、2日に出勤した。
 40代女性は3人の感染が判明した市内の歯科診療所の従業員。同居家族の30代男性会社員も陽性が確認された。診療所の残り7人の従業員は陰性だった。40代男性会社員と10歳未満の未就学の女児は、診療所の従業員で1日に感染判明した40代女性の濃厚接触者。
 50代男性会社員は23日に発熱などの症状が現れた。9月に東北、北陸の計5県に滞在歴があり、1日には埼玉県に日帰り出張した。


関連ページ: 宮城 社会 新型コロナ

2020年10月04日日曜日


先頭に戻る