宮城のニュース

<楽天>8投手つなぎ連勝 オリックスに5−3

3回東北楽天2死二塁、銀次が中前に適時打を放つ

 東北楽天は救援7投手をつぎ込んで序盤のリードを守り切り2連勝。
 打線は0−2の三回、浅村の2ランで追い付き、銀次の中前打で勝ち越した。四回にも浅村の適時内野安打で1点を加え、五回は辰己のランニング本塁打でリードを広げた。先発石橋は3回2失点で降板。四回以降、小刻みな継投で相手打線の反撃を1点に防いだ。
 オリックスは17残塁と拙攻続きで、4度の満塁機も生かせず3連敗。

 オリックス−東北楽天17回戦(8勝8敗1分け、14時00分、京セラドーム大阪、8,759人)
東北楽天 003110000−5
オリックス200000001−3
▽勝 寺岡14試合2勝
▽S ブセニッツ36試合1勝1敗16S
▽敗 斎藤25試合1勝1敗
▽本塁打 モヤ7号(2)(石橋)浅村29号(2)(斎藤)辰己8号(1)(金田)


2020年10月04日日曜日


先頭に戻る