宮城のニュース

新型コロナ 仙台で5人感染(5日)

 仙台市は5日、20、30代の男女5人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。男性4人は市内の接待を伴う飲食店の従業員。4日に感染が判明した男性2人も同店の従業員で、市はクラスター(感染者集団)発生と断定した。
 市によると、飲食店は従業員、利用客ともマスクを着用し、1メートル以上の距離を空けて接客していたが、従業員用の控室ではマスクを外し、会話することがあった。従業員のうち数人は店外でも従業員同士の接触があった。
 6人は9月27〜30日にそれぞれ2、3日ずつ出勤し、29日は一緒だった。市は全従業員23人のうち、残る17人の検査も実施する。店は利用客の連絡先を把握しているとしており、対象範囲を決めて検査する。
 このほか、飲食店とは関係のない20代自営業女性も陽性が確認された。感染経路は不明。新規感染の7人はいずれも重篤ではない。
 宮城県内の感染確認は41日連続で計433人、市内は計279人となった。


関連ページ: 宮城 社会 新型コロナ

2020年10月06日火曜日


先頭に戻る