青森のニュース

国勢調査票を調査員が紛失 巡回中、車内から盗難か 青森

 青森市は5日、70代男性国勢調査員が記入済みの1世帯分を含む調査票を紛失したと発表した。市は盗難の可能性があるとして、青森署に被害届を提出した。
 市によると、紛失したのは記入済みの調査票1通のほか、配布前の調査票や記入方法説明書が入った封筒約50世帯分など。約25世帯の世帯主名、総人数が書かれ、調査員が参考資料にする一覧表もなくなった。
 男性は9月18日午前、担当地域を巡回。調査票の配布を終えて乗用車に戻った際、車内に置いてあった手提げ袋ごとなくなっているのに気付いた。市への報告は10月1日で、男性は「気が動転していた」と話しているという。
 市が確認した未配布の58世帯について、7日の提出期限を延長し、20日まで回答を受け付ける。


関連ページ: 青森 社会

2020年10月06日火曜日


先頭に戻る