福島のニュース

デジタル化推進戦略室に民間人を任命 福島・磐梯町

オンラインで辞令を受け取った星さん(左)と佐藤町長

 福島県磐梯町は5日、デジタルトランスフォーメーション(DX)推進など地域課題解決のため、不動産情報サービスのLIFULL(ライフル、東京)の事業プロデューサー星久美子さん(37)=福島県会津若松市出身=をプロジェクトマネージャーに任命した。
 星さんは町デジタル変革戦略室に配属。全国版空き家バンク、遊休施設を活用したテレワークなどに同社で携わった知見を生かす。
 具体的にはマイナンバーカード取得率100%を目指す業務、最新技術で既存制度を変革するDXを通じた情報通信技術教育の拡充、空き家バンクの整備などに取り組む。
 町は総務省の「地域おこし企業人」制度を活用。星さんは企業に籍を置きながら「複業」「兼業型」として、テレワークも使って会社と町の両方の業務に当たる。任期は2年間の予定。
 佐藤淳一町長からオンラインで辞令を受けた星さんは「2児の母親としても働きやすい環境を提案していきたい」と話した。


関連ページ: 福島 政治・行政

2020年10月06日火曜日


先頭に戻る