宮城のニュース

新型コロナ 宮城で12人感染(7日)

 宮城県と仙台市は7日、新たに10〜30代の男女12人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。2人が無症状、残る10人も重篤ではない。9人はクラスター(感染者集団)が発生した市内の接待を伴う飲食店の従業員と利用客。感染者は計21人に増え、県内最大規模のクラスターとなった。
 県などによると、新規感染者は仙台市10人、多賀城市1人、岩沼市1人。仙台市の男性7人は飲食店の従業員、同市と岩沼市の女性2人は利用客、仙台市の30代男性は日本経済新聞仙台支局の記者、10代女性は八軒中(若林区)の生徒だった。感染経路不明は1人。
 県内の感染確認は43日連続で計453人、仙台市内は計297人となった。


関連ページ: 宮城 社会 新型コロナ

2020年10月08日木曜日


先頭に戻る