宮城のニュース

女川再稼働賛成の請願 自民ベテラン宮城県議が棄権を示唆「安全神話崩れた」

 東北電力女川原発2号機(女川町、石巻市)の再稼働を巡り、賛成請願に署名した宮城県議会最大会派「自民党・県民会議」に所属するベテランが8日、「賛成とは言えない」と述べ、請願の賛否を棄権する可能性を示唆した。
 藤倉知格氏(富谷・黒川、8期)が県議会9月定例会の一般質問で表明した。昨年の2月定例会の一般質問では、将来的な脱原発に言及。再稼働の是非を問う住民投票条例案の採決時、自民会派で唯一棄権した。
 東京電力福島第1原発事故、高レベル放射性廃棄物(核のごみ)など未解決の問題を挙げた藤倉氏。「『原発推進、再稼働容認、原発の恩恵には浴す。だが汚染水の放出には反対、最終処分場はごめん被る』では整合性が取れない」と指摘した。
 原発を「ハイリターンの一方でハイリスクが伴うもろ刃の剣」と表現。「最後は責任を持つ」との国の姿勢を「殺し文句ないしは決めぜりふ」とし、「国が取れる責任は極めて限定的だと、福島の深刻な現実が物語っている」と訴えた。
 藤倉氏はかつて女川原発3号機のプルサーマル計画を推進する立場だったが、「福島の事故で自分の中の安全神話が崩れた」と述懐。「苦悩を背負い、再稼働に賛成とはいかないと申し上げる」と締めくくった。
 終了後、藤倉氏は「自分は自民。この件は苦悩の塊だ」と吐露。「批判だけの野党とは違う。厳然たる事実に基づく懸念を指摘し、問題提起するのも与党に身を置く議員の重要な役割だ」と説明した。


2020年10月09日金曜日


先頭に戻る