宮城のニュース

仙台市バス、全車抗ウイルス仕様に コロナへの効果期待

つり革に抗ウイルス剤を噴霧する職員

 仙台市交通局は9日、新型コロナウイルス感染症対策として、市バス車内に抗ウイルスコーティング剤を施す作業を始めた。11月下旬までに全472台に実施し、対策済みの車両は乗降口付近などにステッカーで示す。
 青葉区の川内営業所では、整備担当者が座席やつり革、手すりに噴霧し、降車ボタンは布を使って塗った。抗ウイルス剤はインフルエンザやノロウイルス、大腸菌などに反応し、不活性化させる。3〜5年持続し、新型コロナへの効果も見込める。作業費は約1400万円。
 今野幸男整備課長は「車内の消毒や換気などを行ってきたが、新型コロナとインフルエンザの同時流行が懸念される冬場に備えた。引き続き感染防止対策を取る。安心してバスを利用してほしい」と話す。
 市交通局は地下鉄南北線、東西線の車両への抗ウイルス剤塗布も予定する。


関連ページ: 宮城 社会 新型コロナ

2020年10月10日土曜日


先頭に戻る