宮城のニュース

台風影響少ない? 仙台は断続的に雨

水たまりには色付いた木々の葉が落ちた=10日午前10時10分ごろ、仙台市青葉区本町3丁目

 強い勢力を伴う台風14号は10日、進路が東にそれ、宮城県に近づく可能性は低くなった。11日にかけ、前線の影響で地域によっては雨が断続的に降る見通し。仙台管区気象台は土砂災害や河川の増水などに注意するよう呼び掛けている。
 10日の仙台は雨が降ったり、やんだり。正午現在の気温は15.8度にとどまり、冷たい雨を避けるように歩みを速める人たちが目立った。県南の一部では、11日正午までに予想される24時間降水量が50ミリと見込まれている。
 気象台によると、最大風速は東部海上で10日、11日ともに10メートル、波の高さは3メートルと予測される。


関連ページ: 宮城 社会

2020年10月10日土曜日


先頭に戻る