宮城のニュース

<ベガルタ>きょう アウェー首位川崎戦

セービングの練習に励む小畑(代表撮影)

 J1仙台は10日、川崎市の等々力陸上競技場でリーグ戦第21節のアウェー川崎戦に臨む。18時開始予定。8連勝で首位を独走する相手の勢いを止め、11試合ぶりの白星をつかめるか。
 7日は仙台市の紫山サッカー場で調整。冒頭のみを報道陣に公開し、前節で仙台に加入後初めて出場したMFクエンカらがボール回しで体を動かした。小畑らGK陣はキャッチングの感触を確かめた。8、9日は完全非公開で最終調整した。
 仙台は2勝6分け11敗の勝ち点12で暫定16位。前節は札幌と3−3で引き分けた。2点のリードを守れなかったが、10分間で今季最多の3ゴールを挙げるなど攻撃は爆発力を見せた。
 川崎は18勝2分け1敗の勝ち点56。前節はC大阪を3−1で破った。ボール保持に特化した戦術と厚い選手層を武器に、リーグ最多の1試合平均得点2.95をマーク。1試合平均失点も最少の0.90で攻守とも隙が無い。
 J1での通算対戦成績は仙台の3勝7分け11敗。今季の1巡目は2−3で逆転負けした。


2020年10月10日土曜日


先頭に戻る