宮城のニュース

Bリーグ開幕 島田チェアマンが仙台市長と懇談

郡市長(中央)を訪問した島田氏(右から2人目)ら

 バスケットボール男子のBリーグ2部(B2)仙台のホーム開幕戦を前に、同リーグの島田慎二チェアマン、仙台の渡辺太郎副会長と志村雄彦社長が9日、仙台市役所を訪れ、郡和子市長と懇談した。
 島田氏は「新型コロナウイルスが流行する中でリーグ戦開幕を迎えたが、選手は定期的に検査を受け、試合会場も感染対策を徹底しており、安心して観戦してほしい」と強調した。
 志村氏は「東日本大震災から10年となるシーズン。優勝して1部昇格を決め、支えてくれた地域の方々に感謝を伝え、次の10年につなげたい」と意気込んだ。
 郡市長は「昨季はリーグ戦が打ち切られ、昇格がかなわず、ブースターとしても悔しかった。市民とチームが一体となり、元気を分け合いたい」と期待した。
 ホーム開幕戦は17日、本拠地のゼビオアリーナ仙台(太白区)に熊本を迎えて行われる。


2020年10月10日土曜日


先頭に戻る