山形のニュース

百貨店「大沼」入札 11月24日開始 山形銀、地裁から通知

百貨店大沼

 山形銀行は9日、1月に自己破産手続きに入った山形市の百貨店「大沼」の旧本店などの競売について、山形地裁から期間入札に関する通知を受けたと発表した。
 山形銀によると、入札は11月24日午前9時〜12月1日午後5時。開札期日を同3日午前10時、売却決定期日を同18日午前9時45分としている。売却基準価額は旧本店が2億3346万円、新庄市の旧ギフトショップ新庄店が1944万円。
 旧本店などの土地、建物に根抵当権を設定する山形銀は3月、山形地裁から競売開始決定を受けたことを明らかにしていた。
 大沼の債権者集会は11月16日に山形市内で予定されている。


関連ページ: 山形 経済

2020年10月10日土曜日


先頭に戻る