宮城のニュース

新型コロナ 宮城で5人感染(12日)

 宮城県と仙台市は12日、新たに20〜60代の男女5人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。11日は30代無職女性2人の感染が判明した。合わせて2人が無症状で5人も重篤ではない。このうち女性3人はクラスターが発生した市内の接待を伴う飲食店に滞在歴があった。
 関係者によると、飲食店は青葉区国分町のホストクラブ「PHASE(フェーズ)」。市は店名を公表しない方針だが、取材に対して認めた。同店の感染者は県外で感染が確認された人を含め、計49人となった。
 県や市によると、12日の新規感染者のうち、東京都の50代自営業男性は出張で9日に仙台市内を訪れ、10日に発熱して以降はホテルに滞在した。石巻市の30代女性団体職員は7日に喉の痛みがあった。5、6、9、10、11日に出勤した。石巻市と加美町の60代無職女性2人の感染も判明した。
 県内の感染確認は48日連続で計491人、市内は328人となった。


関連ページ: 宮城 社会 新型コロナ

2020年10月13日火曜日


先頭に戻る