宮城のニュース

目標は高く、さあ2学期 仙台の小学校で始業式

2学期が始まり、目標を書き込んだシートを掲げる児童=13日午前9時25分ごろ、仙台市太白区の上野山小(写真を一部加工しています)

 2学期制を導入する仙台市立の全小学校119校で13日、2学期の始業式があった。新型コロナウイルスの影響で3日間に短縮された秋休みが終わり、教室に戻った児童は新学期の目標などを話し合った。
 太白区の上野山小(児童498人)は校内のテレビ放送で全校集会を開催。浅野郁子校長は「お互いを認め合い、学び合う2学期にしましょう」と語った。
 児童代表の2年板橋ななみさん(8)は「目標は人に優しく接すること。困っている人には『どうしたの? 大丈夫?』と声を掛けるようにする」と誓った。
 集会後、3年1組の教室では児童が「テストで100点を取る」「体育を頑張る」など2学期の目標をプリントに書き込み、担任に向かって高々と掲げた。宮嶋奏多君(8)は「宿題は家に帰ったら、すぐに終わらせたい」と張り切った。
 市立中学校64校は15日に始業式がある。2学期は小中学校とも12月25日〜1月5日の冬休みを挟み、来年3月24日まで。


関連ページ: 宮城 社会 新型コロナ

2020年10月13日火曜日


先頭に戻る