宮城のニュース

日本製紙、石巻工場で抗ウイルスの紙生産 医療など利用期待

抗ウイルス効果のある紙で作った袋

 新型コロナウイルス感染拡大で衛生意識が高まる中、日本製紙は抗ウイルス効果がある紙の生産・販売に乗り出した。金属イオンを付着させたパルプを原料に使い、高機能化を実現した。衛生的な環境が求められる医療機関や介護の現場での利用を期待する。
 新製品は銅イオンを数%配合した。普通紙と比べて表面のウイルスを99.9%低減することができる。抗菌効果のほか、消臭性能も併せ持つ。基幹工場の石巻工場(石巻市)で生産を始め、9月10日に発売した。
 石巻工場によると、これまでに展示会用のパンフレットやノート、エチケット袋などを製品化した。抗ウイルス機能のある不織布の生産も可能で、マスクや空気清浄器のフィルターシートへの利用が見込めるという。
 石巻工場の技術担当者は「高付加価値の紙を販売できるようになった。新しい生活様式に合った製品を提供したい」と話す。


関連ページ: 宮城 経済 新型コロナ

2020年10月14日水曜日


先頭に戻る