宮城のニュース

新型コロナ 宮城で8人の感染確認(13日)

 宮城県と仙台市は13日、20〜70代の男女8人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。石巻市の無職の20代女性は、クラスター(感染者集団)が発生した青葉区国分町のホストクラブ「PHASE(フェーズ)」の滞在歴があった。同店の感染者は県外での判明を含め計50人となった。(30面に関連記事)
 県や市によると、8人はいずれも重篤ではない。石巻市の自営業の60代男性、いずれも無職の松島町の70代女性と60代男性、利府町の70代女性の4人は、利府町の医療機関を利用した。12日に職員の30代女性の感染が分かり検査した。
 現時点で感染経路不明は、仙台市の50代男性会社員と30代女性アルバイト従業員、女川町の自営業の30代男性。50代男性は9月下旬〜10月上旬、仕事で北海道を訪問した。
 県内の感染確認は49日連続で計499人。このうち仙台市内は計330人となった。
 宮城利府掖済会(えきさいかい)病院(利府町)は13日、入院患者3人と職員1人が感染したと発表した。17日まで外来を休診。入院患者と職員を検査し、院内を消毒する。


関連ページ: 宮城 社会 新型コロナ

2020年10月14日水曜日


先頭に戻る