宮城のニュース

秋晴れ爽やか 仙台の最高気温は9月下旬並み

青空の下で愛らしい花が見頃を迎えたフジバカマ=14日午前10時35分ごろ、仙台市太白区の市野草園

 宮城県内は14日、高気圧に覆われて晴れ、日差しが暖かく感じられる朝を迎えた。仙台市内では澄んだ青空が広がり、秋の空気が爽やかに感じられた。
 仙台管区気象台によると、正午までの最高気温は仙台と石巻、白石がいずれも20.9度、大崎市古川20.5度など。仙台の予想最高気温は22度で、9月下旬並みとなる見込み。
 太白区の市野草園では、秋の七草の一つ「フジバカマ」が紫色の愛らしい花を咲かせ、訪れた市民の目を楽しませていた。
 15日の県内は、気圧の谷の影響によって曇り、午後には高気圧に覆われ晴れる場所もある。気温は平年並みとなる見通し。


関連ページ: 宮城 社会

2020年10月14日水曜日


先頭に戻る