宮城のニュース

<楽天>ロッテに3−4でサヨナラ負け

9回ロッテ1死一塁、井上(左)にサヨナラ二塁打を打たれた東北楽天・ブセニッツ

 東北楽天は救援陣が崩れ、サヨナラ負け。3−3の九回、1死一塁で3番手ブセニッツが井上に右中間を破られ、決勝点を奪われた。3−2の八回は2死三塁で2番手牧田の暴投で追い付かれた。先発則本昂は7回2失点と力投した。
 打線は一回、鈴木大の右越えソロで先制。二回は足立の適時打などで2点を追加した。三回以降に好機を生かせなかったのが痛かった。
 ロッテは終盤に打線が粘りを見せ、連敗を2で止めた。

 ロッテ−東北楽天19回戦(東北楽天12勝7敗、18時01分、ZOZOマリンスタジアム、8,684人)
東北楽天120000000 −3
ロッテ 000001111×−4
▽勝 益田44試合3勝2敗29S
▽敗 ブセニッツ39試合1勝2敗17S
▽本塁打 鈴木大4号(1)(石川)中村奨8号(1)(則本昂)


2020年10月14日水曜日


先頭に戻る