宮城のニュース

新型コロナ 宮城で5人感染 利府の病院でクラスター発生(14日)

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 宮城県と仙台市は14日、20〜80代の男女5人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。いずれも既に5人の感染が判明した利府町の宮城利府掖済会(えきさいかい)病院の職員と入院患者。同病院の感染者は計10人(患者5人、職員5人)となり、県はクラスター(感染者集団)が発生したと断定した。
 県や市によると、5人の居住地は仙台市2人、多賀城市1人、利府町1人、大郷町1人。年齢別では20代1人、40代1人、50代2人、80代1人。いずれも重篤ではない。
 県は、同病院で共有スペースを利用するなど何らかの接触があった222人(患者80人、職員142人)を検査対象とし、14日までに201人の検査を終えた。専門家も派遣し、感染防止対策の助言や指導をしている。
 県内の感染確認は50日連続で計504人。仙台市内は計332人となった。


関連ページ: 宮城 社会 新型コロナ

2020年10月15日木曜日


先頭に戻る