青森のニュース

新型コロナ 青森で16人感染 弘前のスナックでクラスター発生

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 青森県は15日、10〜60代の男女16人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。うち12人は弘前市の接待を伴う飲食店「クラブ 縷(る)・シャモン」「スナック シャモン」の従業員や客。2店での感染者は計15人となり、県はクラスター(感染者集団)と認定した。県内の感染確認は計57人。
 2店の新規感染者は、10〜50代の従業員男女5人と、30〜60代の男性客7人。居住地は青森市2人、弘前保健所管内(弘前市など)9人、上十三保健所管内(十和田市など)1人。重症者はいない。
 県によると、2店は同一経営で弘前市鍛冶町の同じビルに入居。従業員は約20人で、掛け持ちして接客することもあった。県は客の特定を急ぐため、店名を公表した。9月28日以降、営業を続けた10月10日までに100人以上が来店したとみている。
 飲食店クラスターに含めないが、14日に感染が判明した40代女性従業員の同居人の男女2人(いずれも20代)も陽性だった。
 医師2人が感染した弘愛会病院(弘前市)では、40代と50代の女性職員2人の感染が分かり、同病院での感染者は計4人となった。
 弘前大は15日、感染者に大学関係者が含まれると公表した。人数などは明らかにしていない。16日から面接授業を一時停止する。


関連ページ: 青森 社会 新型コロナ

2020年10月16日金曜日


先頭に戻る