秋田のニュース

赤ソバの畑、ルビー色に 秋田・仙北でライトアップ

仙北市田沢湖でライトアップされている赤ソバ畑の高嶺ルビー

 秋田県仙北市田沢湖生保内(おぼない)の赤ソバ畑で、赤い花を咲かせる希少品種「高嶺(たかね)ルビー」のライトアップが行われている。観光客や地元の人に楽しんでもらおうと、市が初めて企画した。10月末まで。
 約3600平方メートルの敷地に赤い花が咲き誇り、秋の風に揺れる。近くを走るJR秋田新幹線の車窓からも楽しめる。市観光課の中村和彦主査は「明るい時間帯も良いが、夜は光が当たってより鮮やかになる。新たな観光スポットになれば」と期待する。
 同市では15年ほど前から高嶺ルビーの栽培が始まった。現在の栽培面積は約4万3600平方メートル。かみ応えがあり、甘い風味が特徴。収穫後の11月から市内のソバ屋などで提供される。
 ライトアップは午後5時ごろから午後10時15分ごろまで。市のホームページでライブ配信もされている。


関連ページ: 秋田 社会

2020年10月16日金曜日


先頭に戻る