宮城のニュース

白石市長選告示 現新2氏の争い

 任期満了に伴う宮城県白石市長選が18日告示され、ともに無所属で、再選を目指す現職山田裕一氏(44)=自民・公明推薦=、新人の元市議大野栄光氏(71)が立候補を届け出た。投票は25日で、即日開票される。
 山田氏は公立刈田総合病院の公設民営化を掲げ「民間の力を活用して地域医療を守りたい」と主張。企業誘致の推進など「人脈と経験を生かし、白石を発展させる」と訴えた。
 大野氏は「命と健康を守る刈田病院の民営化はあり得ない」と現市政を批判。休止予定の屋内プール施設や第一幼稚園の存続などを挙げ「市民が主役のまちにする」と述べた。
 17日現在の有権者は2万8858人。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2020年10月19日月曜日


先頭に戻る