宮城のニュース

多賀城市長選告示 新人2氏の争い

 菊地健次郎前市長の辞職に伴う宮城県多賀城市長選は18日告示され、ともに無所属新人で元宮城県議の深谷晃祐氏(40)=自民・公明推薦=と、前副市長の鈴木明広氏(67)が立候補を届け出た。投票は25日で、即日開票される。
 深谷氏は「地域内で稼ぐ仕組みをつくるのが今後の在り方だ」と訴え、経済の活性化を強調。小中学生に対する公共施設の利用無料化や交流人口の拡大などを掲げる。
 鈴木氏は長年の行政経験を前面に打ち出し、「コロナ禍で失われた安心して暮らせる生活を取り戻す」と主張。疲弊する経済の再興や市の財政立て直しに意欲を示す。
 17日現在の有権者は5万2029人。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2020年10月19日月曜日


先頭に戻る