宮城のニュース

八木山動物公園で開園55年記念イベント

ラクダへの餌やりを楽しんだ子ども

 仙台市八木山動物公園(太白区)で18日、1965年の開園から55年目を迎えたことを記念するイベントが行われた。多くの家族連れなどが訪れ、普段は触れ合うことができない動物への餌やりなどを体験した。
 イベントでは通常は行っていないニホンザルやラクダへの餌やり、フクロウとの写真撮影会などを実施。普段から実施するヤギとアフリカゾウへの餌やりは無料となった。
 太白区鹿野小3年の木村咲貴さん(9)、1年の真緒さん(6)の姉妹はラクダへの餌やりを初めて体験。「唇が大きくて怖かったけど、直接ニンジンを食べさせてあげられて楽しかった」と感想を語った。


関連ページ: 宮城 社会

2020年10月19日月曜日


先頭に戻る