宮城のニュース

新型コロナ 宮城で2人感染(18日)

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 宮城県は18日、ともに利府町在住のアルバイト従業員の40代女性と60代女性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。2人は重篤な状態ではなく、療養先を調整中。県内の感染確認は54日連続で、計526人となった。
 県によると、2人は16日に感染が判明した仙台市の20代女性会社員の濃厚接触者。40代女性は9月30日〜10月16日のうち計12日間、60代女性は9月28日〜10月16日のうち計7日間出勤した。県は同居家族以外の濃厚接触者を調査している。
 2人と20代女性の計3人は、町が16日に感染者の確認を発表した利府二小児童クラブに滞在。県は施設で接触があった87人のうち、18日までに11人の検査を終え、8人は陰性だった。


関連ページ: 宮城 社会 新型コロナ

2020年10月19日月曜日


先頭に戻る