宮城のニュース

<ベガルタ>ミスで自滅 浦和に0−6で大敗

浦和―仙台 後半22分、浦和・レオナルド(右)にゴールを許し、0―5と差を広げられる。GKスウォビィク。左から2人目は蜂須賀(山本武志撮影)

 第23節(18日・埼玉スタジアムほか=8試合)仙台は浦和に0−6で大敗し、13戦ぶりの勝利はならなかった。通算成績は2勝7分け13敗の勝ち点13で17位に後退した。浦和は同37で9位。

◎前半決め切れず

(2)埼玉(浦和2勝)
浦和 6 3−0 0 仙台
     3−0
▽得点経過
 前8分 1−0 長沢(1)
 前36分 2−0 マルティノス(1)
 前39分 3−0P興梠
 後6分 4−0 興梠(7)
 後22分 5−0 レオナルド
 後41分 6−0 レオナルド(11)
▽観衆 9,831人

 仙台は今季最多の6失点で零封負け。前半は相手を押し込んだが決め切れず、逆にミスを突かれて失点を重ねた。8分に自陣でボールを失って速攻から先制点を献上。36分には直接FK、39分にはPKで失点した。後半は前掛かりになった隙を突かれ、クロスから3失点を喫した。


2020年10月19日月曜日


先頭に戻る