宮城のニュース

小泉担当相が女川訪問 原発事故時の避難路整備へ国交付金検討

復興交付金を活用した道路整備について県の担当者から説明を受ける小泉氏(前列左端)=19日、宮城県女川町飯子浜

 東北電力女川原発2号機(宮城県女川町、石巻市)の再稼働を巡り、小泉進次郎原子力防災担当相は19日、重大事故時の広域避難計画で使用する同原発の拠点施設を視察した。宮城県庁では村井嘉浩知事と会談。女川、石巻両市町が要望する避難道路の整備について、国交付金の活用を検討する考えを明らかにした。
 小泉氏は、町内にある事故対応拠点「県女川オフサイトセンター」を訪問。須田善明町長と亀山紘市長から避難路の整備を求める要望書を受け取り、「原子力災害への備えに完璧はなく、不断の改善へ協力したい」と応じた。
 避難路を兼ねる同町飯子浜の県道工事現場、非常食を備蓄する石巻市鮎川浜の特別養護老人ホームにも足を運んだ。須田町長は、報道陣に「国が原子力防災に取り組む具体的な姿勢を前向きに受け止めたい」と述べた。
 村井知事との会談で、小泉氏は避難計画の実効性向上の重要性を強調。終了後、避難路整備に関して「拡幅などを交付金メニューに位置付け、予算の活用をスムーズにしたい」と説明。他省庁と連携し、支援策を検討する方針を示した。
 小泉氏は、東京電力福島第1原発にたまり続ける放射性物質トリチウムを含んだ処理水への処分にも言及。「タンクがある地元は早く(海洋放出するかどうか)決断してほしいと言っている。環境を再生する知見を生かし、総力を挙げていく」と語った。


2020年10月20日火曜日


先頭に戻る