宮城のニュース

GoToイート割り増し食事券 宮城は来月16日開始

 新型コロナウイルスに対応した政府の飲食業界支援策「Go To イート」で、宮城県でのプレミアム付き食事券の販売と利用が11月16日に始まる。県内での運営事業者「みやぎ絆コンソーシアム」が19日発表した。購入額に25%上乗せされ、県内の加盟飲食店で使用できる。
 販売は来年1月31日までで、3月末まで利用できる。1シート(1000円券5枚)を4000円で140万冊発行する。購入上限は1人1回5シート(2万円)まで。販売窓口はまだ決まっていない。加盟飲食店は今月20日〜12月20日まで、ウェブサイトhttps://gte-miyagi.jpかファクスで受け付ける。
 コンソーシアムはジェイアール東日本企画、JTB、凸版印刷の3社で構成。事務局は「新型コロナで苦しむ飲食店や農林漁業者を支援するため、ぜひ活用してほしい」と呼び掛ける。
 東北では、20日の秋田県を皮切りに、11月1日に岩手県、同2日に福島県で販売が始まる。青森、山形両県は未定。
 「イート」のうち、インターネットを通じた予約でポイントが付与される事業は既に始まっている。


関連ページ: 宮城 経済 新型コロナ

2020年10月20日火曜日


先頭に戻る