宮城のニュース

<楽天>5度目の引き分け 則本昂、遠い白星

7回1失点と好投した東北楽天先発の則本昂(藤井かをり撮影)

 東北楽天は逃げ切りに失敗し、今季5度目の引き分け。2−1の九回、3番手ブセニッツが伏見に左中間へ同点ソロを喫した。
 先発則本昂は7回をソロによる1失点に抑える好投。打線は0−1の六回、浅村の右翼線2点二塁打で逆転したが、六回以外は好機を築けなかった。
 オリックスの引き分けは今季7度目。

 東北楽天−オリックス19回戦(オリックス9勝8敗2分け、18時01分、楽天生命パーク宮城、5,837人)
オリックス0000010010−2
東北楽天 0000020000−2
(延長10回裏終了、規定により引き分け)
▽本塁打 モヤ9号(1)(則本昂)
伏見6号(1)(ブセニッツ)


2020年10月21日水曜日


先頭に戻る