宮城のニュース

新型コロナ 仙台で6人感染(21日)

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 仙台市は21日、20〜50代の男女6人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。仙台市以外はゼロ。1人は無症状、5人も重篤でない。宮城県内の感染確認は57日連続で計544人(市内は計357人)に増えた。このうち計491人が退院・療養解除となった。
 市によると、30代と40代の男性2人は市内の専門学校の職員。19日に感染が確認された外国籍の20代男子生徒が通う。3人は専門学校での感染が疑われるが、今のところ明確な接触は確認できない。市は他に生徒ら40人を検査対象とした。
 40代男性会社員は19日に感染判明の40代女性の同居家族。50代男性会社員は16、17日に仕事で東京を訪れた。別の50代男性会社員は14〜16日に仕事で北海道に滞在した。20代女性会社員は13、17、18日に出勤した。
 20日の発表時点で連絡が取れなかった50代女性は無職で、クラスターが発生した青葉区の接待を伴う飲食店「CLUB 桜花」に滞在した30代女性の濃厚接触者。店舗以外で接触があったという。


関連ページ: 宮城 社会 新型コロナ

2020年10月22日木曜日


先頭に戻る