宮城のニュース

<楽天>オリックスに惜敗で4連敗、初めて4位転落

9回オリックス2死、大城(左奥)に勝ち越しの左越えソロを浴び、ぼうぜんとする東北楽天5番手の松井(佐藤琢磨撮影)

 東北楽天は惜敗し、1分けを挟んで4連敗。借金は今季最多の2となり、初めて4位に転落した。
 5−5の九回、5番手松井が大城に勝ち越しの左越えソロを喫した。先発涌井は制球に苦しみ、5回8安打5失点。一回は吉田正に左越えソロを浴び、三、四回は2点ずつを失った。
 打線は一回、島内の適時打とロメロの3ランで4得点。4−5の八回に下水流の適時三塁打で追い付いたが、粘りも実らなかった。
 オリックスは4番手ヒギンスが3勝目。

 東北楽天−オリックス20回戦(オリックス10勝8敗2分け、18時00分、楽天生命パーク宮城、6,612人)
オリックス102200001−6
東北楽天 400000010−5
▽勝 ヒギンス38試合3勝3敗
▽S ディクソン36試合3敗15S
▽敗 松井19試合4勝5敗
▽本塁打 吉田正13号(1)(涌井)ロメロ21号(3)(榊原)大城1号(1)(松井)


2020年10月22日木曜日


先頭に戻る