宮城のニュース

宮城県議会、女川原発再稼働に同意 賛成請願を採択

宮城県議会庁舎

 東北電力女川原発2号機(宮城県女川町、石巻市)の再稼働を巡り、宮城県議会は22日の本会議で、女川町商工会が提出した早期再稼働を求める請願を賛成多数で採択した。
 再稼働の前提となる「地元同意」を最終判断する村井嘉浩知事は「県議会の結論を最重視する」と繰り返している。県議会が再稼働容認の姿勢を示したことで、知事が地元同意を表明する環境はほぼ整った。
 女川2号機は2月、原子力規制委員会の審査に合格。東北電は安全対策工事を終える2022年度以降の再稼働を目指している。


2020年10月22日木曜日


先頭に戻る