宮城のニュース

村井知事「判断重く受け止める」 女川再稼働、宮城県議会が賛成請願採択

報道陣の質問に答える村井知事

 宮城県議会が東北電力女川原発2号機(宮城県女川町、石巻市)の再稼働を求める請願を採択した22日、村井嘉浩知事は報道陣の取材に「判断を重く受け止める」と強調した。政府に要請された「地元同意」については「まだ意思を決定していない」と明言を避けた。一問一答は次の通り。

 −県議会の賛成請願の採択に対する受け止めは。
 「東日本大震災の津波で被災した原発立地県で初めて議会が容認した。大きな節目を迎えた。11月に市町村長会議で意見を聴き、女川町長、石巻市長と3人で話し合って県の意思として公表したい」

 −県議会の判断を重視すると繰り返してきた。知事も容認に傾いたか。
 「当然いろんな思いはあるが、現時点ではコメントを控える」

 −定例会の議論が深まらなかったとの指摘もある。
 「議会は継続審議とせずに結論を出した。拙速ではないと判断したと受け止めている。(議会の再稼働容認は)私の考えを忖度(そんたく)したということではない」

 −地元同意の判断時期は。
 「市町村長会議の結果次第。まだ議論するべきだとなれば2度、3度、4度となる。この場でいいとなれば、3人で話し合う。判断は11月中もあり得る」


2020年10月23日金曜日


先頭に戻る