宮城のニュース

深まる秋、落ち葉に雨 「霜降」の仙台

歩道を覆った落ち葉が雨にぬれた=23日午前10時15分ごろ、仙台市宮城野区の榴岡公園

 23日は二十四節気の一つ「霜降(そうこう)」。秋が一段と深まり、初霜の知らせが届くころとされる。宮城県内は南からの暖かい風の影響で、平年より気温の高い朝を迎えたものの、前線の影響で雨や曇りとなった。
 仙台管区気象台によると、朝の最低気温は仙台15.4度、石巻15.2度、大崎市古川14.5度、白石12.7度。各地で平年を5〜7度ほど上回り、9月下旬から10月上旬並みとなった。
 午前11時半までの最高気温は仙台17.5度。予想最高気温は平年並みの18度と見込まれる。仙台市宮城野区の榴岡公園では、歩道に散った落ち葉が雨にぬれた。
 24日の県内は晴れや曇りとなり、西部では夕方から雨が降る見通し。


関連ページ: 宮城 社会

2020年10月23日金曜日


先頭に戻る