宮城のニュース

ベガルタ仙台、募金を中断 選手が知人女性に暴力

 サッカーJ1仙台を運営するベガルタ仙台(仙台市)は22日、経営難のため来年1月まで実施する予定だった緊急募金を中断すると発表した。所属選手による知人女性への暴力行為が発覚、20日に契約を解除した事態に「深く反省の意を示す」としている。再開日は未定。
 募金は9月26日にスタート。クラウドファンディング(CF)や口座振り込みで受け付けたほか、本拠地のユアテックスタジアム仙台(泉区)で来場者に協力を呼び掛けた。CFでは22日現在、約900万円が集まった。
 ベガルタ仙台は新型コロナウイルスの影響で営業収入が激減。本年度決算で約3億円の債務超過に陥る見通しとなっている。


2020年10月23日金曜日


先頭に戻る