宮城のニュース

<楽天>日本ハムに4−4、無情のドロー 熱戦実らずV完全消滅

8回日本ハム2死、大田(左)に同点ソロを浴びて左翼席を見つめる東北楽天の牧田(佐藤琢磨撮影)

 東北楽天が延長の末、引き分けた。
 打線は0−3の四回、辰己の適時二塁打、小深田の左犠飛などで3点を挙げて追い付いた。五回はロメロの中前適時打で一時勝ち越したが、その後は追加点を奪えなかった。先発福井は立ち上がりから制球に苦しみ、4回3失点で降板。4−3の八回は5番手牧田が大田に同点ソロを許し、逃げ切れなかった。
 日本ハムは五回途中から救援5投手が無失点でつないだ。

 東北楽天−日本ハム22回戦(東北楽天10勝9敗3分け、18時01分、楽天生命パーク宮城、6,109人)
日本ハム2001000100−4
東北楽天0003100000−4
(延長10回裏終了、規定により引き分け)
▽本塁打 大田13号(1)(牧田)


2020年10月24日土曜日


先頭に戻る