宮城のニュース

<B2仙台>きょうからアウェー東京Z戦

実戦形式の練習で、パスを出すソープ(中央)

 バスケットボール男子、B2東地区首位の仙台は24、25日、東京都世田谷区立総合運動場体育館で、同地区6位の東京Zと対戦する。21日は仙台市のHALEOドームで約2時間、実戦形式を中心に練習した。23日に加入が正式に発表されたソープも、第3の外国籍選手として出場が見込まれる。
 東京Zは昨季中地区6位。現在5連敗中だが、3点シュートが得意な岡田や、前節福島戦の2戦で計53点を挙げたレーンなど地力のある選手がそろう。桶谷監督は「ポイントガードにしっかりプレッシャーをかけ、簡単に試合をコントロールさせないことが大事」と話した。


2020年10月24日土曜日


先頭に戻る