宮城のニュース

秋夜彩る竹あかり だるまや市松模様、作品80点並ぶ

宿場町の夜を彩る竹あかり

 宮城県富谷市富谷新町に来春開館する観光施設「富谷宿観光交流ステーション」で24日夜、竹筒で作った「竹あかり」をともすイベントがあった。
 宿場町のにぎわいづくりに生かそうと、市民グループ「はにかむ富谷」と富谷しんまち活性化協議会が企画。だるまや市松模様、花火などを表現した作品約80点が野外ステージに並び、秋の夜に和の明かりが浮かび上がった。
 竹あかりは、はにかむ富谷など主催のワークショップに参加した約30人が制作した。イベントは25日午後6〜7時にもある。


関連ページ: 宮城 社会

2020年10月25日日曜日


先頭に戻る