宮城のニュース

<楽天>終盤に失点重ね逆転負け

9回日本ハム2死一塁、失策で勝ち越しを許し、マウンドに集まる東北楽天の選手ら。左から捕手田中貴、6番手ブセニッツ(鹿野智裕撮影)

 東北楽天は終盤に失点を重ねて逆転負けを喫した。
 4−3の八回に4番手福山が中田に同点ソロを浴びた。九回は2死一塁から左翼線際の飛球を小郷が取り損ね(記録は失策)、決勝点を奪われた。
 先発石橋は6回3失点と試合をつくった。打線は1−3の四回1死三塁から田中貴の右前適時打と小深田の2ランで逆転。しかし五回以降は相手の継投にかわされ、得点できなかった。
 日本ハムは引き分けを挟んだ連敗を3で止めた。

東北楽天−日本ハム23回戦(10勝10敗3分け、14時00分、楽天生命パーク宮城、9,617人) 
日本ハム001200011−5
東北楽天100300000−4
▽勝 堀40試合2勝1敗1S 
▽S 宮西48試合2勝1敗7S
▽敗 ブセニッツ43試合1勝3敗18S
▽本塁打 西川5号(1)(石橋)小深田2号(2)(河野)中田31号(1)(福山)  


2020年10月25日日曜日


先頭に戻る