青森のニュース

新型コロナ 青森で18人感染 クラスター拡大

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 青森県は24日、男女18人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。弘前市の接待を伴う飲食店「クラブ 縷(る)・シャモン」「スナック シャモン」で起きたクラスター(感染者集団)は、県外客を含め計70人。
 18人の居住地は弘前保健所(弘前市)管内10人、青森市1人、調査中7人。10歳未満が1人、80代以上も1人いた。重篤者はいない。男性3人は飲食店の利用客。
 客だった医師を通じ、感染が広がったとみられる弘愛会病院(弘前市)では、女性患者2人の陽性が分かった。同病院で患者が感染するのは初めて。病院のクラスターは11人となった。
 18人のうち7人は、飲食店との関係が不明。飲食店クラスターを起点にした感染者は133人。県内の感染確認は計176人となった。


関連ページ: 青森 社会 新型コロナ

2020年10月25日日曜日


先頭に戻る