宮城のニュース

マコモダケ新特産品に 収穫ピーク 宮城・大衡

収穫されたマコモダケ
背丈以上に育ったマコモからマコモダケを収穫する庄子さん

 宮城県大衡村大衡の減反田で、イネ科の多年草マコモの茎で食用となる「マコモダケ」が収穫期を迎えている。
 マコモダケは長さ約30センチ。マコモの根元部分の茎が「黒穂菌」の働きで膨らんでできる。柔らかいタケノコのような食感でほんのり甘く、天ぷらやきんぴら、中華料理などにして食べる。
 村教育長の庄子明宏さん(66)が、農業中川嘉一さん(80)の減反田約500平方メートルを借りて5月上旬に150株を作付けした。堆肥を与えて育て、今月中旬に収穫を始めた。
 庄子さんは、マコモを栽培する香川県出身の友人の影響で興味を抱き、苗を購入して昨年から栽培。17株植えて約60キロ収穫した。今年は11月中旬までに400キロ超の収穫が見込まれるという。
 村内外の農産物直売所やスーパーで販売している。庄子さんは「皆さんから『甘くておいしい』『どんな料理にも合う』と好評だ。村の新たな特産品になってほしい」と期待する。


関連ページ: 宮城 社会

2020年10月26日月曜日


先頭に戻る