宮城のニュース

東北楽天ドラフト1位は早川 4球団競合の末、交渉権獲得

東京六大学野球春季リーグで投球する早大の早川隆久投手=8月、神宮

 プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)が26日、東京都内のホテルで開かれ、東北楽天は早川隆久投手(早大)を1位指名し、4球団の競合による抽選で交渉権を得た。
 左腕の早川は球速155キロの直球に球威があり、変化球の精度も高い。制球も良く、即戦力として期待される。今回のドラフトの目玉の一人として注目されていた。
 千葉・木更津総合高出。身長180センチ、体重77キロ。


2020年10月26日月曜日


先頭に戻る