宮城のニュース

一力碁聖が3連覇 囲碁・竜星戦で初

竜星戦を制し、トロフィーを持つ一力碁聖

 テレビ囲碁の「第29期竜星戦」の決勝戦が26日、放送され、仙台市出身の一力遼碁聖(23)が井山裕太四冠(31)=棋聖、名人、本因坊、天元=に221手で黒番中押し勝ちし、竜星戦史上初めて3連覇を果たした。通算優勝回数は4回となり、これまで最多だった小林光一・九段と井山四冠の3回を更新した。
 決勝戦は黒の一力碁聖が右辺に星と小目からの二間ジマリ、白の井山棋聖が左辺に2連星の布石で始まった。序盤、黒は右上の黒石7個を捨て石にして上辺に地を取り、右辺に模様を築く。
 中盤、黒が下辺に地を取った代償として白が右辺の黒模様に深く入り込み、薄くなった黒を攻める。ここから競り合いが始まり、難解な攻防に発展する。
 互角の形勢のまま終盤、黒が左下の白地を大きくえぐった上、左辺での戦いでポイントを挙げて優勢となり、押し切った。
 一力碁聖は8月、碁聖戦5番勝負で羽根直樹九段に3勝0敗で勝ち、初の七大タイトルを獲得。現在、天元戦で井山天元に挑戦し、二冠目を目指している。

<出来過ぎだと思う/一力遼碁聖の話>
 決勝戦は前例のない形の立ち上がりで難しい戦いが続いた。その中で最後まで強く打ち続けることができた。(3連覇は)苦しい碁が多く、自分でも出来過ぎだと思う。4連覇を目指してまた頑張りたい。


関連ページ: 宮城 社会

2020年10月27日火曜日


先頭に戻る