宮城のニュース

新型コロナ 宮城で8人感染 自動車専門学校、県内最大のクラスターに(26日)

 宮城県と仙台市は26日、20〜60代の男女8人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。いずれも重篤ではない。このうち5人は青葉区の花壇自動車大学校の生徒と職員。同校の感染者は計53人に達し、市内のホストクラブの52人を上回り、県内最大のクラスター(感染者集団)となった。
 県や市によると、生徒は同市の外国籍の20代男性4人、職員は岩沼市の60代男性。生徒は21〜23日に頭痛などの症状が現れた。職員は23日に陰性と判明したが、24日に発熱し、陽性と確認された。検査対象者は401人に増えた。
 別の学校に通う仙台市の外国籍の20代男子学生は、感染した大学校の外国籍の生徒と同居していた。同市の60代自営業男性、大崎市の30代女性会社員は感染経路が分かっていない。
 県内の感染確認は62日連続で計610人(市内は計416人)に増えた。重症者は3人。このうち計516人は既に退院・療養解除となっている。


関連ページ: 宮城 社会 新型コロナ

2020年10月27日火曜日


先頭に戻る