宮城のニュース

最高時速382キロ 次世代新幹線を報道機関に公開 JR東

次世代新幹線試験車両「ALFA−X(アルファエックス)」=27日午後11時20分ごろ、JR仙台駅
JR仙台駅に入線する「ALFA−X」=27日午後11時15分ごろ
最高時速382キロを表示する車内のモニター

 JR東日本は27日深夜から翌日未明にかけ、次世代新幹線試験車両「ALFA−X(アルファエックス)」の報道機関向け試乗会を仙台−盛岡間で初めて開催した。現行の東北新幹線「E5系」より40キロ速い、新幹線としては世界最速の時速360キロでの営業運転を目指して試験走行を重ねている。試乗会では最高時速382キロに達した。
 午後11時38分、10号車を先頭に仙台駅を発車。徐々に速度を上げ、28日午前0時ごろ、一ノ関駅付近で時速380キロに到達した。
 高速度域での快適性を高めるため、上下左右の揺れに対応する制振装置を搭載。揺れや騒音は少なく、快適な乗り心地だった。北上駅で途中停車した後、午前0時28分に盛岡駅に到着した。
 試験車両は10両編成で全長約250メートル。トンネル進入時の風圧の違いなどを調べるため、先端の「鼻」の長さは1号車で約16メートル、10号車で約22メートルと異なる。10号車は「E5系」より7メートル長い。
 試験走行は2019年5月に始まった。22年3月まで仙台−新青森間を走行し、環境性能や安全性などを検証する。
 先端鉄道システム開発センターの浅野浩二所長は「研究や改善を重ねて乗り心地を向上させた。時速360キロでの営業運転を実現し、お客さまに有意義な時間を過ごしてもらいたい」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2020年10月29日木曜日


先頭に戻る