宮城のニュース

「女子体育の母」クッキーに 宮城・大崎の菓子店が発売

二階堂トクヨのイラスト入りクッキー

 宮城県大崎市三本木の菓子店「スイーツ工房・大正堂」は、地元出身で「日本女子体育の母」として知られる教育者の二階堂トクヨ(1880〜1941年)のイラストを描いたクッキーを発売した。
 直径7.5センチのクッキーに食品専用のプリンターと食用色素を使って二階堂の肖像を描き、「日本女子体育の母」「大崎市三本木出身」などと記した。
 二階堂は1922年、日本女子体育大の前身となる体操塾を東京都内に開設し、日本人女性初の五輪メダリスト人見絹枝らを育てた。昨年放送されたNHK大河ドラマ「いだてん」では女優の寺島しのぶさんが二階堂を演じた。
 クッキーは軽い歯触りとバターの風味が特徴。佐々木伸也社長(54)は「優しさと強さを兼ね備えた人柄をイラストで表した」と説明する。
 1枚129円。いずれも市内の大正堂本店、道の駅おおさき、道の駅三本木やまなみで販売している。


関連ページ: 宮城 社会

2020年10月29日木曜日


先頭に戻る