宮城のニュース

<楽天>CS遠のく 涌井、甘い勝負球

4回東北楽天1死三塁、島内の一塁への打球で田中和が本塁を突くがタッチアウト。捕手岡田

 東北楽天は終盤の追い上げも及ばず、2連敗を喫した。
 先発涌井は7回7安打4失点で4敗目。二回、木村に先制2ランを許し、1−2の六回は栗山に2点二塁打を浴びた。打線は0−2の六回1死満塁から、鈴木大の二ゴロで1点を返し、八回に浅村の32号ソロ、九回に小郷の右越えソロで1点差に迫ったが、反撃が遅かった。
 西武は先発浜屋が六回途中5安打1失点で3勝目。

西武−東北楽天21回戦(西武12勝8敗1分け、18時01分、メットライフドーム、4,776人) 
東北楽天000001011−3
西武  02000200×−4  
▽勝 浜屋11試合3勝2敗  
▽S 増田45試合5勝31S 
▽敗 涌井19試合11勝4敗 
▽本塁打 木村7号(2)(涌井)浅村32号(1)(平良)小郷3号(1)(増田) 


2020年10月29日木曜日


先頭に戻る