宮城のニュース

<楽天>猛打13得点 連敗を2で止める

5回2失点で今季初勝利を挙げた東北楽天先発の辛島

 東北楽天は2本塁打を含む14安打13得点の猛打で連敗を2で止めた。
 打線は一回に小郷の先制右越えソロを口火に3点を奪い、その後も小郷の適時打などで三回までに3点を加えた。終盤も田中貴の2ラン、渡辺佳の2点打などで計7得点。
 先発辛島は一回、先頭に二塁打を許して内野ゴロで失点、四回は適時打を浴びたが、要所を締めて5回2失点で今季初勝利。六回以降は継投で逃げ切った。
 西武の先発ニールは2回5失点で8敗目。

西武−東北楽天22回戦(西武12勝9敗1分け、18時00分、メットライフドーム、5,645人)
東北楽天321000232−13
西  武100101002−5
▽勝 辛島18試合1勝3敗1S
▽敗 ニール20試合5勝8敗
▽本塁打 小郷4号(1)(ニール)田中貴1号(2)(国場)


2020年10月30日金曜日


先頭に戻る