宮城のニュース

<楽天>CS自力進出復活 岸抜群、望みつなぐ

8回1失点、10奪三振の力投で6勝目を挙げた東北楽天先発の岸

 東北楽天が競り勝ち、2連勝。自力でのクライマックスシリーズ(CS)進出が復活した。
 先発岸は制球良く8回4安打無四球1失点、10奪三振の好投で、6勝目を挙げた。九回は松井が締め、今季初セーブ。打線は七回1死満塁から下妻の中犠飛で均衡を破った。1−1の八回は1死一、三塁と攻め、暴投で勝ち越した。
 ロッテは打線が湿り、1点止まりで4連敗。先発小島は6回無失点と好投したが、救援陣が持ちこたえられなかった。

ロッテ−東北楽天22回戦(東北楽天15勝7敗、18時00分、ZOZOマリンスタジアム、11,632人)
東北楽天000000110−2
ロッテ 000000100−1
▽勝 岸10試合6勝 
▽S 松井22試合4勝5敗1S
▽敗 沢村17試合2敗1S


2020年10月31日土曜日


先頭に戻る