青森のニュース

新型コロナ 青森で5人感染 女性1人死亡

 青森県と八戸市は30日、20〜60代男女3人、80代以上女性2人の計5人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の感染確認は計222人。県は入院していた80代以上の女性が同日、死亡したことも明らかにした。
 5人の居住地は弘前保健所(弘前市)管内3人、八戸市2人。八戸市によると、80代以上の女性1人が重症。弘前市の接待を伴う飲食店で起きたクラスター(感染者集団)との関連など、5人の感染経路は不明。
 うち3人は、弘前保健所管内にある介護施設の入所者と職員。28日に別の女性入所者の感染が判明しており、施設での感染は4人となった。
 死亡した女性について、県は「直接的な死因は老衰」としつつ、新型コロナが影響した可能性があるとした。新型コロナ感染者の死亡は県内3例目。


関連ページ: 青森 社会 新型コロナ

2020年10月31日土曜日


先頭に戻る